デジタル商品で健康管理

最近では、デジタル機器の技術が発達してきて、
手軽に自身の健康管理ができるようになりました。
私の注目すべきデジタル健康グッズ、ソフトについてご紹介したいと思います。
まず、脈拍ですが、携帯電話にはカメラに自分の指をあてると
脈拍を測ることができる機能を搭載している機種もあります。

また、今話題のスマートフォンには、アプリケーションとして
脈拍を測ることができるソフトも無料配布されています。
脈拍というのは、健康管理のベースになるものです。
少しの異常によって大きな病気を発見することもできますので、
特にご高齢の方は脈拍を毎日測定するのに使うと便利です。
この携帯電話やスマートフォンを使用することのメリットというのは、
そのままデータが保存され、蓄積されていくことです。

毎日はかっていても記録していなければ自分の脈拍の傾向を図り知ることができないのです。
毎日はかり続け、それを記録することに意味がありますので、
データを勝手に保存するという機能はとても優れていると思います。
脈拍以外にも、同じように健康項目を記録してくれるインターネットやアプリケーションがあります。
とあるスマートフォンのアプリケーションの例ですが、
まずは身長、性別、年齢などの基本情報を入力します。

すると、毎日の血圧や体重の入力はもちろん、
今日食べた食事を選択すれば摂取カロリーの計算までしてくれるという優れもの。
ウォーキングの歩行距離や消費カロリーも分かります。
このようなサービスの特徴としては、アドバイスをもらえる点ですね。
「ちょっと運動がたりないよ!」とか「頑張ったね!」とか「このままでは太ってしまうよ!」とか
言われると、気をつけないといけないよなと思えます。
他人から言われると頑張らないなと思うわけです。

ついでにおすすめの料理、運動なんかも表示してくれたりすると完璧ですよね。
私の自宅近くのスポーツクラブでは、ダイエットレシピもレジカウンターのところに置いています。
また、専用のトレーナーの方とは、自分の食べた料理を必ず写真にとって
トレーナーまで送るように義務づけているというところもあるようです。

もちろん、自己申告制なので、間食なんかは送らないという方もいるようですが、
体重が減っていなければ、すぐにばれます。
私が思うに、こういうサービスの最大の効果は抑止力だと思います。
「トレーナーに送らないといけないから食事は健康志向のものにしよう」
とか
「データに残るから怠けている自分を記録したくない」
とか、そういう自分をおさえる気持ちに対してとても効果的だと思うのです。
誰だっておいしいものを食べたいし、おいしいものというのはたいてい体に悪いのです(笑)。
ポテトチップが嫌いな方なんてそうはいません。
甘いものが嫌いな女性もほとんどいません。
でも、インターネットやデジタルグッズを利用して
少し健康的な生活を心がけるだけでだいぶ食生活も変わると思います。