心の健康管理法

現代病と言われる心の病

現代病と言われる精神疾患。
以前よりもかかっている人は多く、悩んでいて、多くの人が病院にかかるようになったと言われています。
原因は、現代のストレス社会。
不景気、学校や会社の人間関係、仕事のストレスなどいくら自分の頭で考えても希望という所にたどり着かないほど悩んでいる人が多いようです。

また今までよりも過労から心の病になり、体調を崩す人も増えています。
そういう心の病気は、心の不調に気付く所からが大事です。
日頃の心の健康管理をする事で、辛い状態から抜けやすくなりやすいですし、ハマりにくくなっていきます。

心の不調の症状とは

まず、心の不調の最初の症状です。
最初の症状がでる原因は脳内環境が悪化してしまっているからこそでる状態です。
脳が満タンになっているか、もしくはアクセル全開で混乱してきている状態に近いです。

具体的には最近集中力が途切れがちだと感じたり、イライラする気持ちが抑えられない、寝つきが悪く、寝ているのに疲れがとれないといった症状が現れます。
精神的なものでは、何をしていても不安感がついてまわる、気分が晴れずさえないなどが続く場合は注意が必要です。
ほかにも頭痛や肩こり、吐き気がしたり、風邪をひきやすくなったといった日常レベルのちょっとした不調でも、心の不調が原因でおこっていることがあります。

ちょっと自信がなくなったという程度でなく、どこか不調が続く……そんな時には症状が始っています。
ただ、この症状が出た時に、自分でも気付かず、周りも気付かない所だったりします。

心の不調のやってくる原因

なぜこういったことが起こるのか。
脳内環境を悪化させる一番の原因はストレスです。
特に対人関係のストレスは、すぐに脳内環境を悪化させてしまいます。
例えば、食事や睡眠などの改善して、脳内環境をよくなっていたとしても、人間関係のトラブルにて、すぐに悪化してしまったりするのです。

改善できる生活習慣などは取り入れることが出来ても、ストレスであるものは自分以外の事で改善するのが難しいものは、改善できないストレスも生まれてしまい、さらに厄介です。
そういったストレスは、ストレスの原因になっているものを改善するより、ストレス発散という形で改善する事が一番の近道です。

人とのおしゃべり、有酸素運動。これでだいぶ違ってきます。
おしゃべりが苦手という人もいるかと思いますが、愚痴を誰かに聞いてもらうのも脳内環境を改善するポイント。
愚痴ばかりではだめですが、心に秘める割合が多いと、よくないのです。

また、有酸素運動は、脳内快楽物質であるエンドルフィンを分泌させ、気分を変える効果があります。ダンスなど楽しいものや、ウォーキングなど手軽なものから始めてみてはいかがでしょうか。

心の健康管理のポイントはナニ?

心の健康管理は

・ストレスをためないようにおしゃべり、有酸素運動を取り入れる
・充分な睡眠、バランスの取れた食事で体を整えます
・飲酒、ギャンブルなど依存すると深刻な問題が生じるのはストレスの手段として避けること。
・人間関係などでの問題が生じやすくなっている時は、自分の心に耳を傾ける。

少しでも自分の心の変化があった時に、自分を見逃さないで入れることが、心の健康管理だと言えます。自分にやさしくなれる人こそ、人にもやさしくできるものです。
自分を追い込む人はぜひ、自分をいたわる瞬間を。