冷え性を改善する方法

冷えは万病のもと

冷え性は、体に決して良い影響を与えません。
「冷えは万病のもと」昔の人は良く言ったと思います。
冷え性とは体の中が冷える人の事を言います。
女性の8割以上は冷え性を持っていると言われています。

自覚症状がある人だけでなく、自覚症状のない「隠れ冷え性」もいるので要注意です。
冷え性を持っている事で、体の不調は常にやってきます。

冷え性によって血行が悪くなれば体に栄養がいきわたらないので、内臓機能が低下してしまうことも考えられます。
美容にも良くないですし、体の不調の原因にもなります。
最悪の場合は、大きな病気に発展する事もあります。

冷え性を改善し、健康に向けて日々過ごしていきたいです。

冷えの原因は?

冷えがでる原因は、主に運動不足などで筋肉量が少なくなってしまい、血流が悪くなってしまうことになります。
筋肉量が少なくなる事で、血液を運ぶ力が弱くなり、血液の流れが悪くなってしまいます。

また、血液がドロドロしている人に冷え性が多い事が分かっています。
ドロドロ血液は、運動不足ももちろん、脂っこい食べ物が好きな人、ジャンクフードやお菓子が大好きな人にも多いです。
同じく血液の流れが悪くなってしまうことが原因と考えます。

冷え性の改善方法は日々の生活にあり

そうなると血液をサラサラにしていくことが冷え性の解消になると言えます。
血液をサラサラにするのには、生活習慣の改善が一番です。
食生活の見直し、野菜を多く摂取する、睡眠不足の解消、不規則な生活の改善、ステトレスの緩和など…です。

1つでも改善してくことを続けていく事で、だんだん体質が変わってきて、冷え性から解消される日も近いでしょう。
適度な運動をすると冷え性は解消していきます。

運動と言っても難しいものではなく、ウォーキングや普段手足をブラブラさせたり、屈伸や背伸びなど、ストレッチ要素も入れて、体を柔らかくそして血液の循環をよくするようにすると変わってきます。
また普段から冷えるようなことはしないことが大切です。
冷たい飲み物を飲まない、クーラーの下にはいかない、できれば夏でも薄手のカーディガンを羽織るなど…。
体の中から冷えることで冷え用を促進させてしまいます。

また窮屈な下着や服は血管を圧迫させてしまうので、冷え性になりやすいということが分かっています。
よく腰が見えている若い子たちをみますが、それも冷え性のもとです。
女性はとくに腰回りは冷やさないようにしないと、将来妊娠や出産にも影響が出てくるので要注意です。

誤解のある温め続けることが冷え性改善?

誤解であるのですが、体を温め続けることで冷え性が改善すると思っている人も多いのですが、実は違います。
人は寒いと自分の体で「熱」を発するようになります。
しかし、ずっと温め続けることで熱を生産する力が薄くなってしまいます。
そうすると、冷え性は改善するどころか、ずっと冷え性を温存してしまうことになってしまうのです。

中から運動や食べ物で温めていく事で、自分で熱をもち、冷え性から解消されていくようになります。